オリジナル化粧品原料

Original Cosmetic Raw Material

化粧品原材料 へ戻る

油ゲル化剤レオパールISL2

製造元 千葉製粉株式会社
INCI name Stearoyl Inulin
化粧品表示名称 ステアリン酸イヌリン
用途 化粧水・乳液・クリーム / クレンジング / その他スキンケア・ボディケア / その他頭髪化粧品 / ファンデーション / サンスクリーン / 口紅 / ポイントメイク / その他メイクアップ
その他 ゲル化・増粘剤
構造式 構造式

レオパールISL2とは

レオパールISL2は、イヌリンにステアリン酸がエステル結合した高分子エステルです。
液状油をハードにゲル化し乳化安定作用、ワックスの感触改良効果が期待できます。

W/Sクリームの乳化安定化

W/Sクリームを作成し、温度をかけながら粘度を測定。低粘度で安定な乳化を形成。クリームはノビが良く、さっぱりとしたコクと厚みが得られます。

W/Sクリームの乳化安定化

主な油種のゲル強度

幅広いオイル種をゲル化します。ゲルはなめらかで非常に硬度が高く、ツヤが出ます。

主な油種のゲル強度

グラフ1

レオパールISL2 10 wt%、溶解温度70℃ 25℃、3時間静置後、φ20mm平板プランジャー、6cm/minにて測定。

グラフ2

レオパールISL2又はワックス 20 wt%、流動パラフィンをゲル化。
溶解温度70〜90℃ 25℃、3時間静置後、φ1mmプランジャー、6cm/minにて測定。

著作権について

当ウェブサイトで公開されるテキスト、画像、プログラムなどすべての内容(以下、総称として「コンテンツ」と呼びます)に関する権利は、当社または原著作者に帰属します。
これらのコンテンツを、私的複製など法律によって認められる範囲を超えて使用することはできません。
当社または原著作者の許諾を得ることなく、複製、改変、転載、販売、出版など、著作権法その他法律に触れる行為は禁止されております。
詳しくはご利用規約をご覧ください。

注意事項

より詳しい資料を希望される方は場合は、別途お問い合わせください。当社営業担当よりご案内申し上げます。原料によりましては、書類の取り交わしが必要なものがございます。

化粧品・原料データベース

関連情報

Related
研究開発

研究開発

天然にこだわり厳選した素材をお届けします。形状もお客様のご要望に合わせ、液状、粉末など対応可能です。

化粧品原材料

化粧品原材料

専門スタッフが先進の技術を駆使して、既存化粧品材料の開発・検討を行っています。(酸化チタン、酸化亜鉛分散ペーストの紫外線散乱剤、スクワラン、植物性セラミドなど)

企業情報

企業情報

「美と健康」を通じて、より多くの人々の、より多くの喜びに貢献したい。岩瀬コスファ株式会社の企業情報をご紹介します。