ケーススタディ

Case Study

試験受託(ビオックス)事業へ戻る

ケーススタディ

業種や目的が異なることで、必要とされるエビデンスは違ってきます。目的により異なるデータ取得について、代表的な用途とそれに対する対応をご紹介します。

  1. Case1化粧品への配合を想定した新規原料の開発に伴い、安全性データを取得したい。なお、予算の関係で最低限度のデータに絞りたい。
  2. Case2「乾燥による小じわを目立たなくする」を標榜したい
  3. Case3化粧品製品に紫外線防止効果表示(SPF、PA)をしたい
  4. Case4製品パッケージに「パッチテスト済み」を表記したい
  5. Case5製品パッケージに「アレルギーテスト済み」を表記したい
  6. Case6ヒリヒリ感、ピリピリ感といった使用時の刺激が少ないことを謳いたい
  7. Case7新開発製品が、従来品よりも水分保持力があることを確認したい
  8. Case8小児を対象とした製品のためのパッチテストはあるか?
  9. Case9パッチテストを行ったところ、陰性対照(水)で皮膚反応が認められた。実験が失敗したのか?
  10. Case10化粧品の安全性データ取得の際、なるべくヒト試験以外のin vivo試験は避けるように言われるが、vivoの定義はあるのか?
  11. Case11PM2.5の付着防止を評価するような試験はあるのか?
  12. Case12国内市場実績のある製品中の一部原料の変更を検討している。この場合、製品の安全性データはどの程度、取得すれば良いか?
  13. Case13敏感肌用化粧品向けの安全性試験はあるのか?
  14. Case14製品中の防腐剤の効力を確認したい。
  15. Case15海外の試験施設、日本人以外の人種で臨床試験を実施したい。

関連情報

Related
企業情報

企業情報

「美と健康」を通じて、より多くの人々の、より多くの喜びに貢献したい。岩瀬コスファ株式会社の企業情報をご紹介します。

製品情報

製品情報

化粧品原料や機能性食品・サプリメントの製品情報です。製品のご相談も承っております。

採用情報

採用情報

さまざまな化粧品原料の研究・企画・開発提案型商社として、さらなる発展を目指す当社と共に歩んでいただける人材を求めています。