オリジナル化粧品原料

Original Cosmetic Raw Material

化粧品原材料 へ戻る

植物系増粘剤クインスシード2S

製造元 大日本化成株式会社
INCI name PYRUS CYDONIA SEED EXTRACT / BUTYLENE GLYCOL / PHENOXYETHANOL / METHYLPARABEN / WATER
化粧品表示名称 クインスシードエキス / BG / フェノキシエタノール / メチルパラベン / 水
用途 化粧水・乳液・クリーム / ファンデーション / その他スキンケア・ボディケア
その他 増粘剤 / 天然物抽出物 / 保湿剤 / その他
構造式 -

クインスシード2Sとは

マルメロ(Cydonia oblonga Mill.)は、古くから化粧品に汎用されている実績のある材料です。
他の天然粘液質、合成高分子にみられない独特の感触があり、べとつきがなくさっぱりとした使用感を持っています。
また、構成成分である種々の多糖類混合剤が、保護コロイドとして作用します。
これらの特性を利用し、フィーリング改良剤、保湿剤、乳化安定剤、粉体の沈降防止として、化粧水、クリーム、乳液、ファンデーションなどに配合されています。
しかし天然品であるため、収穫される年やロット毎に認められる粘度差、マルメロ種子から粘液質を抽出する際の不純物の混入、量が非常にかさばることによる保管場所の問題、微生物汚染の問題などがありました。
そこで当社は、上記の問題点を考慮し、マルメロ抽出物を均質に分散した粘稠物「クインスシード2S」を開発いたしました。
「クインスシード2S」はハンドリングに優れ、簡単な撹拌で容易に水系へ均一に分散するため、生産性の向上が図れます。

クインスシード2Sの特長

  1. 植物系の天然増粘剤です。
  2. 種々の多糖類の混合物が保護コロイドの作用をし、乳化安定剤、粉体の沈降防止剤として非常に優れています。また、他の増粘剤と併用するとより効果的です。
  3. べとつかず'さっぱりとした独特の使用感を有しています。
  4. ハンドリングに優れ、簡単な撹拌で容易に水系へ均一に分散するため、生産性の向上が図れます。
  5. 保存安定性に優れています。

クインスシード2Sの用途

  • 増粘効果
  • 粉体の沈降防止効果
  • 乳化安定性
  • フィーリング改良
  • 保湿効果

クインスシード2Sの構成成分

  • クインスシードエキス(粧配規)
  • 精製水(粧原基)
  • 1,3-ブチレングリコール(粧原基)
  • フェノキシエタノール(粧原基)
  • パラオキシ安息香酸メチル(粧原基)

クインスシード2Sの製品規格

項目 規格値
性状 微褐色〜淡黄褐色の粘稠物で
匂い わずかに特異な匂いを有する
pH 4.0〜6.0
乾燥残分 4.0%以下
強熱残分 0.5%以下
重金属 10ppm以下
ヒ素 2ppm以下

クインスシード2Sの分散性試験データ

クインスシード2Sの分散性試験データ

試験方法

200ml容ビーカーに精製水35g、および「クインスシード2S」35gを秤り取り、プロペラミキサー(プロペラ長2cm、3枚羽)を用いて撹拌(100, 150, 200rpmの3段階)し、B型粘度計(BS-A1型、Rotor No.3、30rpm、1min、室温)にて粘度を測定した。
チャレンジテスト実施済み。

著作権について

当ウェブサイトで公開されるテキスト、画像、プログラムなどすべての内容(以下、総称として「コンテンツ」と呼びます)に関する権利は、当社または原著作者に帰属します。
これらのコンテンツを、私的複製など法律によって認められる範囲を超えて使用することはできません。
当社または原著作者の許諾を得ることなく、複製、改変、転載、販売、出版など、著作権法その他法律に触れる行為は禁止されております。
詳しくはご利用規約をご覧ください。

注意事項

より詳しい資料を希望される方は場合は、別途お問い合わせください。当社営業担当よりご案内申し上げます。原料によりましては、書類の取り交わしが必要なものがございます。

化粧品・原料データベース

関連情報

Related
研究開発

研究開発

天然にこだわり厳選した素材をお届けします。形状もお客様のご要望に合わせ、液状、粉末など対応可能です。

化粧品原材料

化粧品原材料

専門スタッフが先進の技術を駆使して、既存化粧品材料の開発・検討を行っています。(酸化チタン、酸化亜鉛分散ペーストの紫外線散乱剤、スクワラン、植物性セラミドなど)

企業情報

企業情報

「美と健康」を通じて、より多くの人々の、より多くの喜びに貢献したい。岩瀬コスファ株式会社の企業情報をご紹介します。