化粧品原材料

Cosmetic Raw Material

化粧品原材料 へ戻る

PDFはこちら

ハンドリング容易な疑似セラミドCeramideBio

製造元 シムライズ株式会社
INCI name Cetylhydroxyproline Palmitamide
化粧品表示名称 セチルヒドロキシプロリンパルミタミド
医薬部外品表示名称 セチルヒドロキシプロリンパルミタミド
用途 化粧水・乳液・クリーム / その他スキンケア・ボディケア / その他頭髪化粧品
その他 皮膚バリア機能の修復・保護
構造式 構造式

CeramideBioとは

CeramideBioは、セラミド2に酷似した疑似セラミドです。天然セラミドに比べ融点が低く(56〜62℃)、油性成分への溶解性に優れているため、化粧品への配合が容易です。継続的に使用することにより、日常生活での様々なバリア能ダメージより皮膚を保護し、健常に維持する効果が期待できます。

CeramideBio の融点および皮膚防御効果における天然セラミドとの比較

《CeramideBioの融点比較》

化合物 融点温度(℃)
Ceramide 2 90 - 105℃
Ceramide 3 120 - 130℃
CeramideBio 56 - 62℃

天然セラミドに比べ融点が低く、油性成分への溶解性 に優れているため、処方の開発が容易。

《TEWLテスト結果:天然セラミドとの比較 〜SDS処理後5日目でのバリア修復率(%)〜》

CeramideBioは、天然セラミドと同等のバリア効果を有します。
(試験製剤:W/Oクリーム)

荒れ肌改善効果:角質水分量と角層中のCeramideBioの定量 〜回復作用〜

《CeramideBioの荒れ肌回復作用について角質水分計を用いて評価》

CeramideBioを2%配合したクリームは、プラセボクリームに比較して、角層水分量の回復がはやく、荒れ肌改善効果が認められた。

【試験方法】 荒れ肌の誘発 → 被験クリーム塗布 → 洗浄 → 角層水分量測定

《角層中CeramideBioの定量》

CeramideBioは角層中に存在していることを確認

【試験方法】 被験クリーム塗布 → 洗浄 → テープストリッピング → 抽出

著作権について

当ウェブサイトで公開されるテキスト、画像、プログラムなどすべての内容(以下、総称として「コンテンツ」と呼びます)に関する権利は、当社または原著作者に帰属します。
これらのコンテンツを、私的複製など法律によって認められる範囲を超えて使用することはできません。
当社または原著作者の許諾を得ることなく、複製、改変、転載、販売、出版など、著作権法その他法律に触れる行為は禁止されております。
詳しくはご利用規約をご覧ください。

注意事項

より詳しい資料を希望される方は場合は、別途お問い合わせください。当社営業担当よりご案内申し上げます。原料によりましては、書類の取り交わしが必要なものがございます。

化粧品・原料データベース

関連情報

Related
薬粧事業

薬粧事業

化粧品分野を中心にニーズをタイムリーにキャッチし、豊富な情報量と知識力で化粧品開発のサポートに取り組んでいます。

オリジナル化粧品原料

オリジナル化粧品原料

専門スタッフが先進の技術を駆使して、既存化粧品材料の開発・検討を行っています。(酸化チタン、酸化亜鉛分散ペーストの紫外線散乱剤、スクワラン、植物性セラミドなど)

企業情報

企業情報

「美と健康」を通じて、より多くの人々の、より多くの喜びに貢献したい。岩瀬コスファ株式会社の企業情報をご紹介します。